即日2万借りる方法と返済の関係

即日2万借りる方法と返済の関係

即日で2万円借りるには?

即日で2万円を借りたいというのであれば、わざわざ貯金を崩したり、定期を解約したりしなくても、簡単に借りることができます。たとえば、銀行系や消費者金融のキャッシングやカードローンを契約してしまえば、即日で2万円を借りることができます。もしも、スピーディに融資をしてほしい、審査時間が短い方が良いというのであれば、断然消費者金融のキャッシングがおすすめです。また、大手の消費者金融会社では、初めて利用される方に限っては、30日間無利息というサービスを実施しているところもありますので、2万円を借りたとしても、30日以内に全額を返しさえすれば、利息不要で借りることができますし、なかには、5万円以内であれば、180日間も無利息で融資してくれる業者もありますので、180日間も5万円を無利息で貸してもらえるのなら、2万円とは言わず5万円を借りる方がずっと賢明でしょう。

ただし、あくまで初めての利用する人に限ってということになりますので、無利息サービスを利用することができない人が、少しでも低い金利で2万円を借りる方法としては、銀行カードローンを利用するのをおススメします。この場合、消費者金融よりも少し金利が低くなりますので、わずかですが最終的に返す総額が少なくなります。とはいえ、2万円程度の借り入れであれば、銀行カードローンで14%で借りても、消費者金融の18%の金利で借りても、それほど大きな違いはないでしょう。

例えば、2万円を14%で30日間借りた場合の利息は、20,000円×0.14÷365×30日で、230円の利息になります。一方、18%で借りた場合には、20,000円×0.18÷365×30日で、295円ですので、その金利差はわずか65円となります。30日以内に一括で返すのであれば、どちらで借りたとしてもそれほど大きな違いはありません。そのため、選ぶ基準としては、金利が低いかどうかではなくて、会社や自宅などの最寄りに利用できるATMがあるかどうか、ATMの利用手数料がいくらかかるのか、インターネットやWEB上で行える手続きがどの程度あるのか、会員向けサービスの充実度、臨時や一括で返すことができるかなど、利用の際の利便性や柔軟性などを考慮したうえで、契約する金融機関を選ぶことが大切になってくるでしょう。

意外と見落としがちなのが、ATMの利用手数料です。消費者金融会社のカードローンは、自社のATMであれば利用手数料は無料ですので、少額の借り入れの場合には、金利が高くとも、結果的にはお得に利用できる場合があります。

 

借りた2万円を分割で返す場合には?

2万円を借りる方法としては、キャッシングとカードローンがありますが、そもそもキャッシングとカードローンにはどのような違いがあるのでしょうか。まず、キャッシングの場合は、100万円程度までの少額融資になり、一括で返すことが一般的になっています。しかし、カードローンの場合には、最高融資限度額500万円、あるいは800万円などと比較的高額な融資が可能となりますので、分割で返していくのが一般的です。そのため、金融機関によっても若干異なりますが、キャッシングの方が金利が高く、カードローンの場合には、金利は低めに設定されています。

もしも、キャッシングで2万円を借りた場合には、翌月あるいはボーナス払いなどで、1回で2万円全額を返すことになるのが一般的ですが、分割払い(5回払い)などで、月々4,000〜5,000円ずつ返していく方法もあります。最終的に返す金額は20,900円で、利息分は900円程度になります。そのほかにも、銀行カードローンで2万円を借りた場合には、約定返済時の借入残高によって、その月の約定返済金額が決定しますので、50万円以下の残高の場合には、その月に返すお金は10,000円のみとなります。

ただし、借入残高と利息の合計金額が1万円未満になった場合には、借入残高と利息の合計金額を返さなければなりません。あるいは、銀行によっては月々の最低限返さなければならない金額を2,000円と設定しているところもありますので、その場合には残高が2,000円以下にならない限りは、一活で返す必要はないということになります。このように、同じ2万円を借りたとしても、ご自身がどのような返し方を希望しているかによって、契約する業者や金融機関の選び方は変わってきます。借りたい金額が少額の場合には、とくに金利などにはこだわらないで選びましょう。

まずは、消費者金融の30日間あるいは180日間の無利息期間のサービスを利用できるのであれば、そちらを選択することが1番ですが、そのサービスを利用することができないのであれば、ご自身のライフスタイルに応じて選ぶ必要があります。借金があるのが煩わしいと感じるので一括で返すことを希望するのか、それとも多少の利息は支払っても構わないので、生活に支障をきたさないように、ゆっくりと分割で少額ずつ返していくのか。生活に困窮することなく、お金を返す方法はいくらでもあります。