2万円を即日で借りる方法を徹底解説!

今すぐ2万円が必要だけど、どうやってお金を工面して良いかわからない!どこで借りるのが一番お得?!なんて時ありますよね。特に緊急であればあるほど、金利や借入までにかかる時間をきっちり確認せずに契約してしまいますが、実は注意が必要です。ここではお金を借りる時に発生する金利やどこの金融機関で借りるのが一番お得なのかを解説していきたいと思います。

 

2万円を即日で借りる方法【目次】

 

 

消費者金融で2万円を即日で借りる方法

消費者金融というと悪いイメージを持っている方も多いのですが、実は「30日間金利0円」のサービスがあったり、利息が他の金融機関と変わらなかったり、審査も最短30分などと、小さな金額を借りるにはもってこい!の金融機関なんです。消費者金融はたくさんあるのですが、ここでは「2万円を即日借入」するのにおすすめの3社を紹介していきたいと思います。

 

2万円を即日で借りれる消費者金融BEST3の比較表

2万円って30日以内に返そうと思えば返せるけど、少し微妙でもありますよね。そこで気になるのが金利。また借入するときは急に必要なことが多いはず。つまり「即日借入」できるのかどうかが重要。ここではおすすめの消費者金融3社を、金利と即日借入可能かどうかを比較してみました。気になる方はぜひチェック!!

 

金利

即日借入(平日)

即日借入(休日)

アコム

3.0%~18.0%

アイフル

4.5%~18.0%(年率)

モビット

3.0%~18.0%(年率)

3社とも最高金利は18.0%!!

最低金利額は3社それぞれ違うのですが、実は最高金利がどの会社も一緒。アイフルとモビットに関しては金利は年率になっていますが、アコムだけは借りる金額によって金利が異なります。金利だけを見ると、最低金利が低いところを選んでしまいがちなのですが、実はきっちりと見極めないといけません。計算していくと最低金利が一番低いところの方が2万円という小さな金額だと金利が高かったりします。お得に借りるなら、事前調査が必要です!!

 

2万円の即日借入なら「30日間金利0円」サービスがある消費者金融を使おう!!

ぶっちゃけた話、2万円に高い金利を払うのは正直ちょっと嫌ですよね・・・。確かに緊急時に借りてるので仕方ないといえばそうですが、できれば金利はなしで安く借りたいという気持ちがあるハズ。そんな人にぴったりなのが「30日間金利0円」のサービスがある消費者金融。このサービスは他の金融機関ではあまり見かけないかもしれません。もちろん、30日間を跨いでの返済になると金利はかかりますが、借りた日から30日は金利がかからない。これって結構お得ですよね。なので、即日2万円借りたいな~という方はこのサービスがある消費者金融を利用してみても良いかも!!

 

2万円を即日で借りるのにおすすめの消費者金融ランキング

 

アコムの特徴

アコムは「30日間金利0円」のサービスがあると同時に、ネットで24時間申込することができます。また、アコムは「むじんくん」という自動契約機があるので、その機械を使えば8:00~22:00までで、その場でカード発行してもらうことも可能です。パートやアルバイトの方でも申込可能なので、緊急時にはぴったりの消費者金融です。

金利 3.0%~18.0%
評価 評価5
備考 自動契約機でその場でカード発行可能
 

 

 

アイフルの特徴

アイフルもアコムと同じく「30日間金利0円」サービスがある消費者金融です。審査時間は最短で30分となっていますが、受付時間が決められているため、即日借入が難しい場合があります。インターネットで契約した場合、書類等が自宅へ届くので家族にバレたくない人にはおすすめできませんが、2万円の借入には、原則収入証明書が不要なので提出したくない方にはおすすめです。

金利 4.5%~18.0%(年率)
評価
備考 2万円の借入には原則収入証明書は不要
 

 

 

モビットの特徴

モビットには「30日間金利0円」などのサービスはないのですが、WEB申込だけで電話連絡や郵便物はなしとなっているので、家族や周りの人にバレずに済みます。カードを持っていない場合はカードの申込からなので時間がかかってしまうので、即日借入は難しいのですが郵便物等が嫌な方にはおすすめです。

金利 3.0%~18.0%(年率)
評価
備考 電話連絡・郵便物はなし
 

 

銀行カードローンで2万円を即日で借りる方法

銀行カードローンと聞くと、大きな金額を借りるイメージを持ってる方が多いと思います。ですが、実は2万円という比較的小さな金額からでも借りることができるのです。また、銀行というと手続きが多く金利も高いし即日借入は難しいと思われがちですが、一体実際はどうなのか・・・ここでは銀行カードローンが可能な3社を比較してみました。

 

2万円を即日で借りれる銀行カードローンBEST3の比較表

 

金利

即日借入(平日)

即日借入(休日)

じぶん銀行カードローン

1.9~14.5%(年率)

三井住友銀行カードローン

4.0~14.5%(年率)

イオンカードローン

3.8~13.8%(年率)

300万円以下の借り入れは原則収入証明書不要!!

当サイトで比較している銀行カードローン3社とも、300万円以下の借入の場合は原則、収入証明書が不要となっています。今回の場合は2万円の借り入れなので、必要なさそうですね。審査の結果によっては稀に収入証明書の提出が必要となったり、300万円を超える借入の場合は提出が必要なようですが、原則は不要みたいなので、こういった書類を提出したくない!!という方にはおすすめです。

 

じぶん銀行と三井住友銀行は口座不要!!

通常、銀行カードローンを使用する場合はその銀行の口座が必要なので、持っていない場合は口座開設から始めなければいけません。ですが、「じぶん銀行」と「三井住友銀行」は、その銀行の口座を持っていなくても申込することができます。つまり口座開設する時間を短縮できるということです。銀行カードローンの場合は、即日借入するには受付時間があるので即日は難しいかもしれませんが、消費者金融以外で口座を持たなくても良いというのであればこの2つの銀行カードローン会社はおすすめです。

 

2万円を即日で借りるのにおすすめの銀行カードローンランキング

 

じぶん銀行の特徴

じぶん銀行でカードローンをする場合、この銀行の口座が必要ありません。またauの携帯を使っている方限定でお得な金利で利用できるサービスがあるので、auユーザーの方にはとてもおすすめです。来店・口座も不要で300万円までの借入なら原則、収入証明書が不要なので、書類を提出したくない方にオススメです。受付時間の記載がないので即日借入が可能か微妙なところではありますが、auユーザーでお得に借りたい方にはオススメ!!

金利 1.9~12.5%(年率)
評価 評価4.5
備考 来店・口座不要
 
 

三井住友銀行の特徴

三井住友銀行もじぶん銀行と同じく、この銀行の口座は必要ありません。また収入証明書の提出は300万円からとなるので今回の場合の2万円だと提出の必要ありません。審査結果の連絡が9:00~21:00となっているので、この時間を過ぎると即日借入は難しいようです。

金利 4.0~14.5%(年率)
評価 評価4
備考 収入証明書の提出必要なし
 

 

 

イオン銀行の特徴

14時までの申し込みで即日回答があるイオン銀行のカードローン。口座が必要なので持っていない場合は開設しなければなりません。ただし、専業主婦やパートの方でも申込することができるので、利用しやすいと言えます。返済額も3,000円からあるので無理なく返済することが可能です。

金利 3.8~13.8%(年率)
評価 評価3
備考 専業主婦やパートの方でも申込可能
 

 

 

クレジットカードのキャッシングで2万円を即日で借りる方法

クレジットカードというと、リボ払いだけのイメージを持っている方もいますが、実はクレジットカードキャッシングといってお金を借りることのできるサービスもあります。基本的にクレジットカードのキャッシングは一括返済が普通のようですが、その場合金利はどうなるのか、またキャッシングで即日借入可能なのかを比較してみました。

 

5万円を即日で借りれるクレジットカードのキャッシングBEST3の比較表

 

金利

即日借入(平日)

即日借入(休日)

ACマスターカード

10.0~14.6%(年率)

JCBカード

15.00~18.00%(年率)

セブンカード

18.00%(年率)

即日キャッシングしたいならACカード!!

通常、クレジットカードでキャッシングをする場合にはカードを持っていなければなりません。つまり、カードがない場合は発行の手続きからとなります。そのため、何日か日数が必要になるのですが、ACカードの場合は自動契約機というものがあり、即日で当日カード発行してもらうことができます。つまり、明日海外だからキャッシングできるカードが欲しい!!という方は自動契約機の場合その日のうちにカードを受け取れる可能性もあるということです。

 

クレカキャッシングの返済は基本1回

基本的にクレジットカードでキャッシングをすると、返済回数は1回となっています。つまり「翌月一括払い」ですね。もちろん2回や3回に分けることも可能です。ですが今回の場合だと2万円+金利という比較的小さな金額なので、一括払いも不可能ではないと思います。また金利についても消費者金融や銀行カードローンと比べると比較的高めに設定されていると思います。

 

5万円を即日で借りるのにおすすめのクレジットカードキャッシングランキング

 

ACマスターカードの特徴

ACマスターカードは最短即日カード発行してもらえるという点が大きなメリットです。また、パートやアルバイトの方でも一定の収入がある方は契約できるようになっているので、カードが欲しいけど・・・と悩んでいる方にはオススメのクレジットカードとなっています。返済方法は定率リボルビング方式なので、一度に返せない!!という方にも安心です。

金利 10.0~14.6%
評価 評価5
備考 パート・アルバイトの方でも契約可能
 

 

 

セブンカードの特徴

セブンカードはキャッシングの利用可能枠内の金額であればATMで現金が引き出せるようになっています。また返済方法も一括なのかリボ払いなのかを選ぶことができます。セブンカードにはキャッシング振込みサービスというものがあり、ネットか電話での申し込みで普段支払っている銀行口座へお金を振り込んでもらうこともできます。

金利 18.0%
評価 評価5
備考 キャッシング振込みサービスあり
 

 

 

JCBカードの特徴

JCBカードは返済方法により金利が変わるシステムのクレジットカード会社です。また、収入証明書類の提出も必要になっているのでこういった書類を提出したくないという方にはあまりオススメできません。JCBカードもセブンカード同様にキャッシング振り込みサービスがあるので、ネットか電話で普段支払っている口座へ振込してもらうことが可能です。

金利 15.00~18.00%(年率)
評価 評価5
備考 キャッシング振り込みサービスあり
 

 

2万円を即日借入したいのですが収入証明書って必要ですか?

収入証明書の提出については、金融機関によります。消費者金融で多いのが「300万円以下の借入の場合は原則不要」。ただし、銀行カードローンやクレジットカードキャッシング等は稀に提出が必要な時もあります。また、場合によっては2万円の借入でも収入証明書の提出が必要になることもあるので、準備だけはしておく方が良いかもしれません。

 

消費者金融で2万円を借りたいけど審査は本当に30分?

これはあくまで「最短」の時間なので一概には言えません。問題がなければ本当に30分程度で審査結果は出るでしょうし、消費者金融側が何か疑問に思う部分があれば、もう少し時間がかかる可能性があります。

 

2万円を即日で借りる方法:Q&A

主婦でパートをしているのですが、今すぐ2万円が必要です。本当に借りれますか?

パートをしている方でも、一定の収入がある場合は借入ができる金融機関はあります。まずは審査をしてもらう方が良いかもしれませんね。

 

今すぐ2万円が必要!ネットと自動契約機、どちらが早い?

どちらもまたなければならないので、正直なところなんとも言えません。どちらもメリット・デメリットがあります。ネットの場合、審査に時間がかかってしまう場合があります。ですが自動契約機の場合は利用可能時間が決められていますが、その場で受け取ることができます。そのため、その時の自分の状況に合わせた方法を選ぶのが最適と言えます。

即日で2万円借りるには?

即日で2万円を借りたいというのであれば、わざわざ貯金を崩したり、定期を解約したりしなくても、簡単に借りることができます。たとえば、銀行系や消費者金融のキャッシングやカードローンを契約してしまえば、即日で2万円を借りることができます。もしも、スピーディに融資をしてほしい、審査時間が短い方が良いというのであれば、断然消費者金融のキャッシングがおすすめです。また、大手の消費者金融会社では、初めて利用される方に限っては、30日間無利息というサービスを実施しているところもありますので、2万円を借りたとしても、30日以内に全額を返しさえすれば、利息不要で借りることができますし、なかには、5万円以内であれば、180日間も無利息で融資してくれる業者もありますので、180日間も5万円を無利息で貸してもらえるのなら、2万円とは言わず5万円を借りる方がずっと賢明でしょう。

ただし、あくまで初めての利用する人に限ってということになりますので、無利息サービスを利用することができない人が、少しでも低い金利で2万円を借りる方法としては、銀行カードローンを利用するのをおススメします。この場合、消費者金融よりも少し金利が低くなりますので、わずかですが最終的に返す総額が少なくなります。とはいえ、2万円程度の借り入れであれば、銀行カードローンで14%で借りても、消費者金融の18%の金利で借りても、それほど大きな違いはないでしょう。

例えば、2万円を14%で30日間借りた場合の利息は、20,000円×0.14÷365×30日で、230円の利息になります。一方、18%で借りた場合には、20,000円×0.18÷365×30日で、295円ですので、その金利差はわずか65円となります。30日以内に一括で返すのであれば、どちらで借りたとしてもそれほど大きな違いはありません。そのため、選ぶ基準としては、金利が低いかどうかではなくて、会社や自宅などの最寄りに利用できるATMがあるかどうか、ATMの利用手数料がいくらかかるのか、インターネットやWEB上で行える手続きがどの程度あるのか、会員向けサービスの充実度、臨時や一括で返すことができるかなど、利用の際の利便性や柔軟性などを考慮したうえで、契約する金融機関を選ぶことが大切になってくるでしょう。

意外と見落としがちなのが、ATMの利用手数料です。消費者金融会社のカードローンは、自社のATMであれば利用手数料は無料ですので、少額の借り入れの場合には、金利が高くとも、結果的にはお得に利用できる場合があります。

 

借りた2万円を分割で返す場合には?

2万円を借りる方法としては、キャッシングとカードローンがありますが、そもそもキャッシングとカードローンにはどのような違いがあるのでしょうか。まず、キャッシングの場合は、100万円程度までの少額融資になり、一括で返すことが一般的になっています。しかし、カードローンの場合には、最高融資限度額500万円、あるいは800万円などと比較的高額な融資が可能となりますので、分割で返していくのが一般的です。そのため、金融機関によっても若干異なりますが、キャッシングの方が金利が高く、カードローンの場合には、金利は低めに設定されています。

もしも、キャッシングで2万円を借りた場合には、翌月あるいはボーナス払いなどで、1回で2万円全額を返すことになるのが一般的ですが、分割払い(5回払い)などで、月々4,000~5,000円ずつ返していく方法もあります。最終的に返す金額は20,900円で、利息分は900円程度になります。そのほかにも、銀行カードローンで2万円を借りた場合には、約定返済時の借入残高によって、その月の約定返済金額が決定しますので、50万円以下の残高の場合には、その月に返すお金は10,000円のみとなります。

ただし、借入残高と利息の合計金額が1万円未満になった場合には、借入残高と利息の合計金額を返さなければなりません。あるいは、銀行によっては月々の最低限返さなければならない金額を2,000円と設定しているところもありますので、その場合には残高が2,000円以下にならない限りは、一活で返す必要はないということになります。このように、同じ2万円を借りたとしても、ご自身がどのような返し方を希望しているかによって、契約する業者や金融機関の選び方は変わってきます。借りたい金額が少額の場合には、とくに金利などにはこだわらないで選びましょう。

まずは、消費者金融の30日間あるいは180日間の無利息期間のサービスを利用できるのであれば、そちらを選択することが1番ですが、そのサービスを利用することができないのであれば、ご自身のライフスタイルに応じて選ぶ必要があります。借金があるのが煩わしいと感じるので一括で返すことを希望するのか、それとも多少の利息は支払っても構わないので、生活に支障をきたさないように、ゆっくりと分割で少額ずつ返していくのか。生活に困窮することなく、お金を返す方法はいくらでもあります。